• お問い合わせはこちらから
メニュー

遺留分を弁護士に相談するメリットと注意点

「遺留分」という言葉を聞いたことがあると思います。 たとえば、相続人として、長男と次男がいる場合に、被相続人が全ての財産を長男に相続させる遺言を残していたとします。 そうすると、次... 続きを読む >>

遺留分減殺請求権(遺留分侵害額請求権)の消滅時効

遺留分減殺請求権(遺留分侵害額請求権)には、消滅時効制度が定められています。 遺留分減殺請求権(遺留分侵害額請求権)は、遺留分権利者が、相続の開始及び減殺すべき贈与または遺贈があったことを知った... 続きを読む >>

経営承継円滑化法

法律の概要(2019年1月1日時点の法令に基づく) 中小企業の経営者が事業を子などに承継しようとしても、保有する株式を贈与しても、遺留分制度による承継を受け、中小企業の株式が分散したり、その所有... 続きを読む >>

遺留分に関する論点

生命保険と遺留分 被相続人が、自己を被保険者とする生命保険契約を契約しているときに、死亡保険金の受取人を被相続人から相続人に変更する行為が遺留分減殺請求権の対象となる遺贈または贈与にあたるかどう... 続きを読む >>

遺留分の計算

遺留分の基礎となる財産 遺留分の基礎となる財産の計算は、被相続人が相続開始の時において有した財産の価額にその贈与した財産の価額を加えた額から債務の全額を控除することによって行います(民法第102... 続きを読む >>

遺留分とは、どのようなものか?

※遺留分減殺請求権は、2019年7月1日以降に開始された相続では、「遺留分侵害額請求権」とされます。 遺留分とは 民法には遺留分制度があります。 遺留分制度とは、本来、被相続人は自分... 続きを読む >>
弁護士が経営者を全力でサポート!!
ご相談フォーム

出版物のご紹介