• お問い合わせはこちらから
メニュー

遺留分を渡したくない場合の生前対策(遺留分対策)

遺留分とは 遺留分とは、被相続人の財産であっても、贈与や遺贈により自由な処分が制限される一定割合のことを言います。 その一定割合が相続人に保障されているものです。 たとえば、相続人... 続きを読む >>

簡単に遺留分を請求する方法【5ステップ】

遺留分とはどのような制度か 遺産相続が発生した場合に、被相続人がすでに生前に財産を贈与していたり、遺言により他の人に遺贈または相続させている場合があります。 その場合、自分が相続する財産が... 続きを読む >>

種類株式で行う遺留分対策

遺留分対策の必要性 種類株式を活用した遺留分対策について説明していきたいと思います。 遺留分というのは、遺言によっても侵害することのできない相続人に対する一定割合の保障です。 たとえ... 続きを読む >>

遺留分を請求されたら、こう対処する!|弁護士による相続SOS

この記事を読むと、次のことがわかります。 ある日突然、内容証明郵便で、「遺留分減殺請求」あるいは「遺留分侵害額請求」をされる場合があります。 初めての経験で、どうしたらよいかわからないでし... 続きを読む >>

遺留分紛争の弁護士費用はこれだけです

この記事を読むと、次のことがわかります。 相続が発生して、遺産がある場合、家族で話し合って円満に財産を分けるのが一番望ましい形です。 しかし、被相続人が生前贈与あるいは遺言等により、不公平... 続きを読む >>

遺留分を弁護士に相談する7つのメリットと2つの注意点

「遺留分」という言葉を聞いたことがあると思います。 たとえば、相続人として、長男と次男がいる場合に、被相続人が全ての財産を長男に相続させる遺言を残していたとします。 そうすると、次... 続きを読む >>

遺留分減殺請求権(遺留分侵害額請求権)の時効

遺留分の権利の時効とは 遺留分減殺請求権(遺留分侵害額請求権)には、消滅時効制度が定められています。 消滅時効というのは、ある一定の期間を経過してしまうと、権利自体が消滅してしまう、と... 続きを読む >>

経営承継円滑化法

法律の概要(2019年1月1日時点の法令に基づく) 中小企業の経営者が事業を子などに承継しようとしても、保有する株式を贈与しても、遺留分制度による承継を受け、中小企業の株式が分散したり、その所有... 続きを読む >>

生命保険は遺留分の対象に「原則」ならない

「生命保険は遺留分の対象になりません?」 生命保険の募集人から、「生命保険は遺留分の対象にならないから、遺留分対策として有効です。たくさん契約しましょう」と言われて勧誘されることがあります。 ... 続きを読む >>

遺留分の計算

遺留分の基礎となる財産 遺留分の基礎となる財産の計算は、被相続人が相続開始の時において有した財産の価額にその贈与した財産の価額を加えた額から債務の全額を控除することによって行います(民法第102... 続きを読む >>
弁護士が経営者を全力でサポート!!
ご相談フォーム

出版物のご紹介