• お問い合わせはこちらから
メニュー

相続時精算課税制度とは?

※以下は、2019年1月1日時点の法令に基づいています。 相続時精算課税制度は、贈与税の暦年課税制度に代えて、納税者の選択により、贈与時には一定の贈与税額(特別控除額累積2500万円、税率一律2... 続きを読む >>

相続税における各種控除について

※以下は、2019年1月1日時点の法令に基づいています。 ●基礎控除 相続税法における遺産の基礎控除額は、次の計算式で計算した金額です(相続税法第15条1項)。 3000... 続きを読む >>

相続税は、誰が払うのか?

※以下は、2019年1月1日時点の法令に基づいています。 相続税の納税義務者は、原則として、相続もしくは遺贈により財産を取得した者または被相続人からの贈与について相続時精算課税制度の適... 続きを読む >>

相続人がいない時は、どうなるか?

相続財産管理制度 遺言書がなく、相続人がいるかどうかも明らかでない場合には、どうしたらよいでしょうか。 まず、戸籍を調査して、相続人がいることは判明したけれども、相続人がどこにいるかわから... 続きを読む >>

親族が亡くなった場合、誰が相続人になるか?

どの順番で相続するか? 親族が亡くなったときには、相続が発生します。 相続が発生するというのは、亡くなった親族の財産が残された親族に承継されるわけです。 しかし、誰にどう承継されるか... 続きを読む >>
弁護士が経営者を全力でサポート!!
ご相談フォーム

出版物のご紹介