• お問い合わせはこちらから
メニュー

相続税は、誰が払うのか?

※以下は、2019年1月1日時点の法令に基づいています。 相続税の納税義務者は、原則として、相続もしくは遺贈により財産を取得した者または被相続人からの贈与について相続時精算課税制度の適... 続きを読む >>

相続人がいない時は、どうなるか?

相続財産管理制度 遺言書がなく、相続人がいるかどうかも明らかでない場合には、どうしたらよいでしょうか。 まず、戸籍を調査して、相続人がいることは判明したけれども、相続人がどこにいるかわから... 続きを読む >>

親族が亡くなった場合、誰が相続人になるか?

どの順番で相続するか? 親族が亡くなったときには、相続が発生します。 相続が発生するというのは、亡くなった親族の財産が残された親族に承継されるわけです。 しかし、誰にどう承継されるか... 続きを読む >>

遺言書を撤回、変更できるか?

遺言書は、一度書いてしまうと、撤回や変更はできないのでしょうか。 それとも撤回、変更することができるでしょうか。 民法によると、遺言者は、いつでも、遺言の方式に従って、遺言の全部または一部... 続きを読む >>

「相続させる」旨の遺言とは?

遺言により、特定の財産を相続人に取得させ、あるいは財産の全部または一部の割合を取得させようとするとき、遺言書に「相続させる」と記載させることが多くあります。 これは、「相続させる」旨の遺言は、こ... 続きを読む >>

遺言で遺産を贈与する遺贈とは?

遺贈とは、遺言によって遺言者の財産を無償で第三者に与える行為です。 特定の財産を遺贈することを「特定遺贈」、財産の全部または一定の割合を遺贈することを「包括遺贈」といいます。 たとえば、お... 続きを読む >>

死因贈与契約とは、どんな契約か?

死因贈与契約とは? 遺言は、遺言者の一方的意思表示により作成するものであり、契約ではありません。 契約は、複数当事者による意思の合致が必要です。 実は、自分の死後の財産処分は、遺言書... 続きを読む >>

遺言で注意しなければならないこと

遺言を変更したいときは 一旦、遺言書を書き上げても、内容を間違って書いてしまったり、後で遺言の内容を変更したい場合もでてきます。 この場合も、遺言を変更するには要件が決まっており、その要件... 続きを読む >>

遺言書には、どんな種類があるか?

遺言の種類は7種類 いざ、遺言書を書こうとしても、どうやって書いたらいいか、わからないこともあるでしょう。 実は、遺言書には、全部で7種類も種類があるのです。 それぞれ有効となる要件... 続きを読む >>

遺産相続で遺言書の正しい書き方と間違った書き方

遺言書とは? 遺言書は、自分が死んだ後、自分の財産をどう承継していくかを自分で決められる制度です。 自分の意志を相続に反映させる制度といってもよいでしょう。 遺産相続においては、遺言... 続きを読む >>
弁護士が経営者を全力でサポート!!
ご相談フォーム

出版物のご紹介