• お問い合わせはこちらから
メニュー

遺留分とは、どのようなものか?

※遺留分減殺請求権は、2019年7月1日以降に開始された相続では、「遺留分侵害額請求権」とされます。 遺留分とは 民法には遺留分制度があります。 遺留分制度とは、本来、被相続人は自分... 続きを読む >>

遺産分割の効力

【動画解説】遺産分割を簡単に解説します。 遺産分割は、相続開始の時にさかのぼってその効力を生じます(民法第909条)。 これを遺産分割の遡及効といいます。 ただし、遺産分割によっ... 続きを読む >>

遺産分割はどのようにするか

【動画解説】遺産分割を簡単に解説します。 遺産分割の種類 相続は被相続人の死亡によって開始し、相続人が複数あるときは、遺言書がなければ相続財産は共有となります。 その場合、遺産分... 続きを読む >>

寄与分とは?

共同相続人の中に、①被相続人の事業に関する労務の提供、②財産上の給付、③被相続人の療養看護、その他の方法により、被相続人の財産の維持または増加について特別の寄与をした者があるときは、その寄与を評価して... 続きを読む >>

特別受益とは?

特別受益とは 被相続人から共同相続人に対して、①遺贈され、または②婚姻や養子縁組のために贈与され、もしくは③生計の資本として贈与された財産を「特別受益」といいます(民法第903条1項)。 ... 続きを読む >>

相続分について

相続分とは 各共同相続人が有する相続財産全体に対する分数的割合を、「相続分」といいます。 被相続人は、遺言によって、各共同相続人の相続分を指定することができます(民法第902条1項)。... 続きを読む >>

相続財産には、どのようなものがあるか?

相続財産は、被相続人の財産に属した一切の権利義務です。 動産も不動産もあり、債権も債務も含みます。 国内にある財産も国外にある財産も全てです。 相続財産の中で注意すべきものについ... 続きを読む >>

相続の承認・限定承認・放棄とは?

相続が開始した場合、相続人は、被相続人の財産を承継するかどうか、決めなければなりません。 相続財産は必ずしもプラスの財産だけではなく、マイナスの負債も相続の対象となりますし、相続人が相続によ... 続きを読む >>

相続時精算課税制度とは?

※以下は、2019年1月1日時点の法令に基づいています。 相続時精算課税制度は、贈与税の暦年課税制度に代えて、納税者の選択により、贈与時には一定の贈与税額(特別控除額累積2500万円、税率一律2... 続きを読む >>

相続税における各種控除について

※以下は、2019年1月1日時点の法令に基づいています。 ●基礎控除 相続税法における遺産の基礎控除額は、次の計算式で計算した金額です(相続税法第15条1項)。 3000... 続きを読む >>
弁護士が経営者を全力でサポート!!
ご相談フォーム

出版物のご紹介